TOPへ戻る
トップページ > 結婚 > 結婚後に後悔しないため確認したい3ポイント

結婚後に後悔しないため確認したい3ポイント

このコラムは 30 で読めます

結婚後に「こんなはずじゃ」と後悔しないためのコツカテゴリ:結婚 タグ:女性向け,ノウハウ

結婚後、様々なことで「こんなはずじゃなかったのに」と思う夫婦は少なくありません。そうなることを事前に防ぐために、結婚前に確認すべきことをまとめました

◆ 盲目でいられるのは、結婚前まで

結婚後、思わぬことでパートナーと揉めてしまうケースは少なくありません。特に恋愛からの電撃結婚に多いのですが、結婚するまでは「恋は盲目」で見えていなかったことが、結婚してからはっきり見えてくるようになるのが原因の1つです。
 
電撃結婚、電撃離婚とならないためにも、外部的要因も含めて結婚前に確認しておくべきことをチェックしておきましょう。
 

◆ 確認しておきたい環境

〔1〕家族/親戚関係

結婚後に揉めることの最大の要因は、義理の家族との付き合いです。義両親との仲や、介護の問題、同居、嫁姑問題など、あげればきりがないです。また実家のある地域によって、特殊な風習や習慣があったりもします。
 
考えていたより、ずっと嫁に求められるものが多かったりする場合もあるわけです。このあたりは、事前にきちんと両親への挨拶や両家の顔合わせをしておくことで、幾分かは結婚後の生活を予想できます。覚悟があるのとないのでは、同じ環境でも全然気持ちが違うのです。
 

〔2〕生活習慣/生活リズム

付き合いが長くなれば、互いの生活習慣はある程度知っているとは思います。しかし、同棲していたのでもなければ、やはり聞いて知っていたことと実際に一緒に住んで知ることには大きな差があります。
 
生活する上での細かな習慣の違いは、積み重なればストレスにもなり得ます。また、家事の分担についての考え方、料理の味付けや味覚についても事前に話しておくと安心です。家事は分担しよう、という口約束だけでは、どの程度の分担で、どの程度のことをしてくれるのかが分からないからです。
 
夫婦間で「家事っていうのはこういうもんだ」という認識がズレていると、互いに嘘はついていないのに揉める原因になってしまいます。
 

〔3〕金銭感覚

結婚後は、それぞれの稼ぎは共有財産になります。もちろん完全にわけて管理している夫婦もいるとは思いますが、子どもが生まれたりしたらそうもいってられません。
 
となると、重要なのは金銭感覚がどうなっているかです。何にどのくらいお金をかけるのか、節約する気はあるのか、そういった点を確認しておくべきです。特にお互い趣味にかけるお金がどの程度なのかは、漠然とでも知っておきましょう。
 
もちろん、それが相手の稼ぎで続いている趣味だとしても、知っておくだけはしておきましょう。ただしそのお金の使い道については、結婚するまで口出すべきではありませんし、結婚してからもあまりうるさく言うべきではありません。あくまで金銭感覚の確認として、知っておくにとどめましょう。
 

メモ

 

◆ 価値観を知ろう

結婚後の環境以上に重要なのが、様々な価値観が合っているかどうかです。結婚してからでは遅い、する前に知っておくべきだった、ということも少なくないのです。特に大きなイベントの価値観については、きちんと確認しておくことが大切です。
 
以下に一例をあげます。

・子どもは欲しいかどうか
・仕事を続けるかどうか、パートをするかどうか
・将来、家が欲しいかどうか
・子どもが生まれたら、どんな教育をしていくのか

 
他にもたくさんありますが、特に子どものこと、仕事のこと、将来のことについては、価値観を照らし合わせておくべきです。もしそこで価値観があっていなかったら、妥協できるのか、理解できるのかを双方考えてみる必要があります。
 
2人で生きていくためには、2人ともが歩み寄る必要があります。価値観が100%あっているパートナーなんて存在しないのです。ですから、結婚後に「こんなはずじゃなかったのに」と思う前に、きちんと意思確認をしておきましょう。
 
 

夫婦はね、趣味は別々で、価値観だけ一緒のほうがいい。その反対がいちばん悪い。

――藤本義一

 

カテゴリー: 結婚 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.