TOPへ戻る
トップページ > 失恋 > 元恋人と別れて良かったと感じる5つの瞬間

元恋人と別れて良かったと感じる5つの瞬間

このコラムは 233 で読めます

元恋人と別れて良かったと感じる5つの瞬間カテゴリ:失恋 タグ:男性向け 女性向け ノウハウ

どんなに愛した人でも、「あの人と別れて良かった」と思う瞬間はあります。そんな瞬間を参考にして、次の恋愛に生かしていく方法を考えてみませんか?

◆ 過去の恋を引きずらない

終わった恋をいつまでも引きずることに、メリットはありません。新しい恋をはじめれば「完全に過去になった」「断ち切った」と感じられる瞬間があります。それは主に「別れて良かった」と感じたときであり、新しい恋を育んでいくために通らざるを得ない道なのです。では、どんな時に人は、「別れて良かった」と感じるのでしょうか。
 

驚

 

◆ 別れて良かったと感じる瞬間

〔1〕新しい恋人が、元恋人より素敵に感じられたとき

昔の恋人と今の恋人を比較することも、時にはプラスになります。様々な点で、「この人を選んで良かった」と思えることは、完全に元恋人への未練が切れて、今の恋愛に集中できている証拠です。
 

〔2〕自分の時間が増えたことを嬉しいと思ったとき

1人になると言うことは、今まで恋人へ費やしていた時間を全て自分のために使えるようになります。前の恋愛に縛られていたら縛られていたほど、この解放感は大きく感じられるでしょう。それだけ恋愛に疲れていて、自分の時間も犠牲にしていたことに気付がつけたわけです。
 

〔3〕元恋人がうまくいっていないとき

言葉だけ見ると性格が悪いようにも思えてしまいますが、ちょっと違います。具体的には「自分がした忠告を元恋人が聞かなかった結果、窮地に陥っている」ような状態だとわかったとき。それみたことか、という気持ちではなく、その負のループから自分が脱出できているのを感じられることが大切です。
 

〔4〕実は重大な隠し事があったと判明したとき

別れた後、人づてなどで、元恋人が重大な隠し事をしていたのを知ったときは、そのまま付き合い続けていなくて良かったと心底思うでしょう。特に実は借金があったり、ギャンブルに目がないなどお金がらみのことであれば、巻き込まれる前に別れて大正解だったと思うこと間違いなしです。
 

〔5〕別れてからの方が良い関係が築けたとき

凄く相性が良かった相手とも、喧嘩をするときもあるでしょう。そんな喧嘩が日常的なものとなり、付き合っていけなくなることも。けれど別れてみると、気楽に仲良くできるようになった、という場合があります。恋人同士ではなく、友人同士の方がうまくいく関係もあるのです。そのことに気がつけたら、互いの幸せを祈って前に進みましょう。
 

◆ 失敗は今後に生かす

「別れて良かった」と思うのは、それだけ前の恋愛に後悔が多かった証拠。そして現状が、前の恋愛中よりも上向きであるともいえます。せっかくの好転のチャンスをきっちり生かして、次は「付き合って良かった」とたくさん感じられる恋愛ができるといいですね。
 
あわせて読みたいコラム:元カレを原動力に、素敵な女性になる方法
 
 

失恋すると、5年後に素晴らしい事が起こります。エレベーターに乗ったら、ハゲて太ったあの人がいて、葉巻をくゆらせながら「ずいぶん長いこと会わなかったね」なんて言ってたりするの 

――F・バテレ

 

カテゴリー: 失恋 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.