TOPへ戻る
トップページ > 夫婦 > 新婚生活のストレスを上手に解消する方法

新婚生活のストレスを上手に解消する方法

このコラムは 237 で読めます

新婚生活のストレスを上手に解消する方法カテゴリ:夫婦 タグ:女性向け ノウハウ

新婚なのに、ラブラブどころかイライラしっぱなしで、先行き不安……そんな、新婚生活にストレスを感じている女性が、ストレスフリーで楽しく夫婦生活を送るためのアドバイス

◆ 新婚生活、はいいことばかりじゃない

ラブラブな甘い新婚生活を夢見て結婚したのに、現実はむしろストレスばかりの毎日、という女性は少なくありません。特に最初の1年間は、小さな喧嘩が連続したり、ゆとりのない生活になりやすいです。
 
本当はもっと穏やかに暮らしたいのに、ついイライラしてしまう。それは慣れない環境の中、1人で頑張りすぎているからかもしれません。夫婦として最初に行っていく大切なことは、2人でお互いの価値観を摺り合わせることです。そのため、それができていない結婚直後は、イライラしやすくなるのです。
 

◆ 理想と現実は別物

結婚前から同棲していたカップルを除けば、夫婦とはいえ元々は他人である相手との共同生活をすることになるわけですから、当然ストレスも溜まります。結婚前に想定できていたことも、実際にやってみると思ったよりしんどかったりするのはよくあること。
 
結婚前でテンションが上がっていると気がつかなかった相手の欠点が見えたり、小さなことで負担を感じたりしがち。さらに共働きの場合は、女性の方が家事の負担が大きくなりやすく、きちんとしてるところを見せようとすると時間もかかって疲れてしまいます。
 
率先して家事をしてくれないことにイライラしたり、どうして自分だけがと思って腹が立ったり、そうやって感情が不安定になっているうちに夫婦の心の距離が離れていってしまうこともあります。
 

ショック

 

◆ 頑張らないが合い言葉

では、一体どうすればこのストレスから解消されるのでしょうか。それはずばり、頑張らないこと。自分と相手が同じだけ働いているなら、家事も同じだけするのが筋です。ですから、相手がやらないなら自分もやらない、くらいの気持ちで構いません。そのことで相手に何か言われたら、怒るのではなく、疲れているという事実を伝えましょう。
 
そこではじめて、じゃあ今日は俺がやるか、と気が付くかもしれません。ただし専業主婦であったり、相手の方が長時間働いていて家計に入れるお金が多い場合は、当然家事の負担は多く受け持つべきです。もちろん逆の場合は、女性だからというだけで、家事を多くやる必要はありません。
 

◆ 共に生きるということ

頭で考えているより、実際の結婚生活には難しいこと、大変なことが多いです。思い描いていた夢の甘い新婚生活なんていうものは、たいていが幻想です。しかしその幻想も、2人で暮らすことになれてきた1年後くらいから、現実になっていくでしょう。
 
最初の頃は価値観を摺り合わせることに必死で、余裕がありません。自分だけで頑張らずに夫婦で協力し、少しずつバランスがとれるやりかたをみつけていきましょう。2人に心の余裕が生まれてきたら、願っていた幸せな夫婦生活のはじまりの合図です。
 
あわせて読みたいコラム:新婚生活を楽しむために、お嫁さんが気をつけること
 
 

結婚は一切のものを呑み込む魔物といつも闘わなければならない。その魔物とは、つまり習慣のことだ。 

――オノレ・ド・バルザック

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.