TOPへ戻る
トップページ > 出会う > 友人の結婚式で出会うために、守りたいマナー

友人の結婚式で出会うために、守りたいマナー

このコラムは 216 で読めます

友人の結婚式で出会うために、守りたいマナーカテゴリ:出会う タグ:男性向け 女性向け ノウハウ

友人の結婚式は、自分にとっても新しい恋のチャンス。でも、マナーを忘れてしまっては、機会を生かすことができません。今一度、結婚式でのマナーをおさらいしてみましょう

◆ 披露宴や二次会は出会いの場?

昔からよく、友人の披露宴や二次会は異性に出会うチャンスと言われています。実際、そういう心持ちで臨み、恋人を手に入れた人もたくさんいるでしょう。しかし、それには大前提があることを忘れてはいけません。そう、最低限のマナーを守るということです。
 

◆ なぜ出会いの場といわれるのか

結婚式の参加者には、新郎新婦の友人も多いです。普通の合コンなどと違い、ある程度は参加者の素性が分かっていますし、新郎新婦どちらかの友人となれば、どこか安心できますよね。さらに友人の新郎新婦姿を目にすることで、結婚や恋愛をしたいという気持ちが高まりますから、出会いにもある積極的になるわけです。
 

◆ だからこそ、マナーを守ることが大切

はじめから披露宴や二次会を出会いの場として、相手探しに夢中になるのは絶対にやめましょう。当たり前のことですが、あくまでメインは結婚式であり、新郎新婦を祝う気持ちを最優先にしてください。
 
そのうえで、自然と近くに座った人と話をし、出会いに繋げていくのです。例えば、話に夢中になって進行を気にしない、仕切って目立とうとする、始終キョロキョロしているなど、祝う姿勢があまりにもないのは他の人からみればすぐにわかります。そして、そんな態度の人に好感を抱く人が、果たしているでしょうか。
 

NG

 

◆ 悪目立ちは厳禁

披露宴といえば、参加者によるビンゴや、友人からの祝いの言葉など、色々な催しがあります。そこで目立っておけば、確かに二次会で他の参加者と話すきっかけ作りにはなるかもしれません。しかし、あくまでも自然に注目を浴びることが大切であり、主役よりも目立ってはいけません。
 
わざと目立とうとすることは、得策ではないのです。それよりも、祝いの気持ちを込めたスピーチをしたり、ラブソングを歌ったりと、真摯に向かう姿の方がよほど良い印象として残ります。
 
結婚式の目的をはき違えることなく、その中で出会った縁を大切にすることが、結局は近道になります。いろんな人と話をしてみて、自然なトークや盛り上がりを大切にしてくださいね。
 
 

マナーというものは、ソースをテーブルクロスにこぼさないことではなく、誰か別の人がこぼしても気づかぬふりをしているところにある

――アントン・チェーホフ

 

カテゴリー: 出会う タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.