TOPへ戻る
トップページ > ダメワザ > モラハラ男に捕まりやすい女性の特徴

モラハラ男に捕まりやすい女性の特徴

このコラムは 247 で読めます

モラハラ男に捕まりやすい女性の特徴カテゴリ:ダメワザ タグ:女性向け ノウハウ

モラルハラスメント、いわゆるモラハラの被害にあう女性には、ある特徴が共通してるんです。いつもモラハラに苦しめられるという女性は、当てはまっていないかチェック!

◆ モラハラって何?

モラハラとは、モラルハラスメントの略で、言葉で圧力をかけたり言葉の暴力を浴びせたりする行動のこと。恋人同士でのモラハラの例をあげると、過度な束縛や相手を貶める言動、言葉によるDVなどが当てはまります。
 
このモラハラの怖いところは、モラハラ男の被害を受けている女性に、自覚がないケースが多いということ!そして、モラハラを受けやすい女性は、何度も同じような相手に捕まってしまうのです。一体、なぜ同じような相手を選んでしまうのでしょうか。
 

◆ モラハラ男を寄せ付ける、弱い女

モラハラ男には2つのパターンがあり、同様にモラハラを受ける女性にも2つのパターンがあります。
 
1つめのパターンは、とにかく上に立ちたい、相手を見下したい、暴言を吐いてスッキリしたい、というような典型的DV男と、それに捕まりがちな意思の弱い女性の組み合わせ。この場合は、男性がはじめからモラハラを行う気質がある場合がほとんどで、たいていの女性は早い段階で逃げ出します。
 
けれど、意思が弱い、優しい、気が小さいなどの性格だと、酷いことを言われてもすぐに見切れない場合があります。また1度モラハラ男に捕まっているのに、抜け出せない女性は、依存しやすい性格である場合がほとんど。自分からはモラハラ男を切り捨てらないどころか、相手のモラハラで自己を確認するような依存関係になることがあるのです。
 

◆ モラハラ男を育てる、強い女

2つめのパターンは、1つめとは正反対。気の小さい、気の弱い、気持ちを言葉で表現するのが苦手な男性と、言いたいことはなんでもいえる気の強い女性の組み合わせにより、男性がモラハラ男に変貌してしまうケースです。
 
普段会社などでストレスが溜まっている男性に、女性がきっぱり言いたいことを言っていると、ストレスが爆発した男性が暴力や暴言を吐く場合があり、1度リミッターがはずれた男性のモラハラが止まらなくなります。
 
このケースでは、男性も本来は暴力的なタイプではないので、我に返ってから必死に謝りるため、女性も言いすぎたことを反省して許すケースが多いです。しかし、1度外れたリミッターは元には戻らず、同じことを繰り返すようになってしまう場合もあります。
 
モラハラを行ってしまった男性は、他の相手にはモラハラをしない可能性が高いですが、女性は同じような男性と付き合った場合に相手をモラハラ男に育ててしまう可能性があります。女性の強い言い方が、男性からすればモラハラ女になっているというわけです。
 

NG

 

◆ モラハラを断ち切るために

1つめのパターンは、女性がきっぱりと断ち切ることが最重要です。早い段階で周囲に相談して、抜け出す必要があります。時間が経てばたつほど、抜け出しづらくなってしまうので、少しでも嫌な予感がしたら関係性を見つめ直してみてください。
 
2つめのパターンは、女性が言い方を変えることで落ち着くことも多いです。言いたいことを次々に言って相手を丸め込むようなことをすると、相手にストレスがたまりやすく、伝えたいことも伝わりません。腹が立ったときは、怒っていることだけ伝えて放っておくなど、自分自身の行動を見つめ直しましょう。
 
 

少しのきまじめさは恋愛においては結構だ。 しかしあまり真面目すぎては困る。それは重荷であり、快楽でなくなる。 

――ロマン・ロラン

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.