TOPへ戻る
トップページ > ダメワザ > 女性が別れを決意する男性の厄介な趣味5パターン

女性が別れを決意する男性の厄介な趣味5パターン

このコラムは 242 で読めます

女性が別れを決意する男性の厄介な趣味5パターンカテゴリ:ダメワザ タグ:男性向け ノウハウ

趣味を理解されずに、彼女に振られた経験はありませんか?自分の趣味が女性にどう捉えられているかを知ることで、趣味が理由で振られないように気をつけてみましょう

◆ 趣味がきっかけで破局?

どんな趣味を持っていても、個人の自由です。カップルだからといって2人が必ず同じ趣味なわけでもなく、趣味が違うカップルは多いです。そして趣味が違うからこそ相互作用で上手くいくこともあります。
 
けれども恋人の趣味が、合う合わないを通り越して理解出来ないと感じてしまったら、多くの女性は別れを選ぶでしょう。では、果たして女性が別れを考える、理解できない趣味とは、どんなものなのでしょうか。
 

NO

 

◆ 女性に敬遠されがちな趣味5パターン

〔1〕実用性のないコレクション

例えば、コカコーラのペットボトルキャップをひたすら集めているとか、使わない実用品を大量にコレクションしているとかです。集めて何が楽しいのか分からないと、理解することは難しくなります。またそういったコレクションにお金や時間、スペースを割いていると、なおさら女性にとってはお付き合いを考え直すきっかけになるでしょう。
 

〔2〕あまりにもお金のかかる趣味

例え実用性があったとしても、集めているものや、使っているものに、給料何ヶ月分ものお金を払っていたりするのはアウト。確かに自分の稼いだお金であれば文句を言われる筋合いはありませんが、付き合ったり結婚を考えたりしていくうえで、あまりにも高額な出費のある趣味を持っているのは不安要素にしかなりません。
 

〔3〕突き抜けた女性向け趣味

最近は女性向け趣味の男性は増えていますが、度を超えていると敬遠される傾向にあります。料理や裁縫が趣味、というのは、好む人もいる反面、嫌がる人もいます。女性からすれば、自分より料理や裁縫ができるのは、嬉しい反面悔しくもあるからです。また、可愛いぬいぐるみを集めるのが好き、なども女性によってはどん引きするポイントです。
 

〔4〕とにかく時間のかかる趣味

毎週稽古があるとか、遠出しなければならない趣味も、女性にとってはマイナス評価になりがちです。これは単純に時間をとってもらえないことに対する嫉妬のようなものではあります。付き合い始めてからも自分のペースを変えずにいると、愛想を尽かされることにもなりかねません。
 

〔5〕特殊すぎる趣味

あまりにも特殊で、同じ趣味の人なんていないのでは?と思えるような趣味も難しいところ。例えば、1人でプリクラを撮る趣味があると言われたら、どうしていいかわかりません。共感できる要素があまりにもないと、付き合っていく自信をなくしてしまう女性が大半です。
 

◆ 趣味が違っても別れたくないなら

女性が理解できず敬遠しがちな趣味をいろいろとあげていきましたが、変わった趣味をもっていても上手く付き合っていく方法もあります。それは、その趣味以外に共通の趣味をもつことです。
 
ここで、自分の趣味に相手を引きずり込もうとしてはいけません。そうではなく、2人で新しく趣味を探すのです。2人で過ごす時間がとれること、また理解できる趣味を互いに持つことで、得体の知れない不安を取り除くことができるでしょう。
 
あわせて読みたいコラム:女性がつまらないと感じる男性のこだわり5パターン
 
 

人間の真の性格は、彼の娯楽によって知られる。 

――ジョシュア・レノルズ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.