TOPへ戻る
トップページ > 結婚 > そのままで大丈夫?結婚前に気をつけたいカップルの危険信号

そのままで大丈夫?結婚前に気をつけたいカップルの危険信号

このコラムは 247 で読めます

そのままで大丈夫?結婚前に気をつけたいカップルの危険信号カテゴリ:結婚 タグ:男性向け 女性向け ノウハウ

結婚を前提にお付き合いしているカップルも、結婚後うまくやっていけるかは気になりますよね。実際に幸せそうに見えても、結婚するとすぐに離婚の危機に悩まされるカップルもいるのです

◆ カップルと夫婦ではかわることもある

カップルのころは問題なくても、結婚するとうまくいかない、こんな話は意外とあります。お互いに幸せな気持ちで付き合っていたとしても、やはり結婚することで状況は変わります。なんと言っても結婚するというのは、共同生活の始まり。お互いに好きなだけではまわらなくなることもあるからです。
 
では、幸せなカップルなのに、結婚すると問題が起きて離婚しやすいケースとは、どんなカップルなのでしょうか。今回はそんな中でも、特にうまくいかない5つのケースを紹介します。
 

哀(小)

 

◆ こんなカップルは危ない

〔1〕互いに同じ幻想を抱いている

理想的な結婚生活の幻想をお互いに抱いている場合、実際に結婚生活をはじめた途端に崩れていきます。1人が夢のような結婚生活を抱いていても、どちらかが現実的ならば上手にコントロールできます。ですが2人とも夢見てる場合は、幻想が止まるどころか加速していくため、現実とのギャップが大きくなりすぎてしまうのが問題になります。
 

〔2〕甘えたい男性と支配的な女性

甘えたがりな男性と支配的なところのある女性の組み合わせは、カップルの間だとさほど問題はありません。しかし、結婚して子どもができてからは話が変わります。女性の母性が子どもに向いてしまうと、甘えたがりの男性は寂しさを別の女性で紛らわそうとするケースがでてくるのです。
 

〔3〕甘えたい女性と結婚で冷める男性

常に愛情に飢えている女性にとって、甘えさせてくれる男性というのは理想的な彼氏。けれど結婚してもその関係が続くと思いきや、結婚で安心した男性が仕事に打ち込み始め、冷たい態度をとるようになったら危険信号。この場合も愛情に飢えた女性が、別の男性で足りない分の愛情を埋めようとする可能性があります。
 

〔4〕お互いに依存的

双方とも依存体質で、互いに責任のなすりつけあいをするカップルは、付き合っている間はなんとかなっても、実際に結婚すると揉めに揉めます。何か問題があったときも相手のせいにしようとするため、話し合いもうまくいかず、結果的に2人の仲に深刻な亀裂が入ってしまうでしょう。
 

〔5〕全周囲から結婚を反対されている

片方の両親に反対されている、というだけではなく、双方の両親や友人からも結婚を反対されているような状況なのに、勢いで結婚してしまうのも離婚への鉄板コース。本当に2人の間に堅い愛情があればいいのですが、周囲みんなに反対されるケースの多くは交際期間が短い電撃婚が多く、そこまでの結びつきができていない場合が多いのです。
 

◆ 幸せな結婚をするために

もし、思い当たる項目があって不安になったら、一度お互いの気持ちを見つめ直す必要があります。今は問題が起きる不安があったとしても、結婚するまでにお互いのことを話合い、不安や不満を伝えることで、問題が解決して幸せな夫婦になれる可能性はグッとあがります。
 
結婚すれば、長い夫婦生活の始まりです。だからこそ、勢いだけで結婚を決めることはせず、互いに納得いくまで心を通わせてから夫婦生活をスタートしましょう。それこそが、幸せな夫婦生活への第一歩に必要なことです。
 
あわせて読みたいコラム:結婚後に後悔しないため確認したい3ポイント
 
 

人は間違った理由で結婚し、正しい理由で離婚する。 

――宮本美智子

 

カテゴリー: 結婚 タグ: , , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.