TOPへ戻る
トップページ > 失恋 > 復縁に必要な冷却期間は別れ方で決まる!失恋パターン別冷却期間

復縁に必要な冷却期間は別れ方で決まる!失恋パターン別冷却期間

このコラムは 241 で読めます

復縁に必要な冷却期間は別れ方で決まる!失恋パターン別冷却期間カテゴリ:失恋 タグ:男性向け 女性向け ノウハウ

別れてしまった相手との復縁したい、そんな人も多いのではないでしょうか?しかし復縁を成功させるためには、タイミングが重要です。パターン別冷却期間を参考に恋愛を復活させましょう!

◆ 失恋の仕方で冷却期間もかわる

ちょっとした行き違いから、恋人と別れてしまった……。冷静になって考えると、別れた相手とやり直したいと思っても、すぐに復縁というわけにはいきません。別れ方や理由によって、お互いに気持ちの整理をして、やり直せる段階にまでたどり着くための時間が必要です。では、どれくらいの時間が必要でしょうか。
 

応援

 

◆ とくに喧嘩もなく穏やかに別れた場合

仕事の忙しさなどが原因で徐々にお互いの気持ちがすれ違い、別れに至ってしまった。このような比較的穏やかな別れ方をした場合、相手を嫌いになったり不信感があってのことではないので、一番復縁する率が高いです。
 
それでもお互いが気持ちを整理する時間は必要なので、1ヶ月程度は連絡を取らず冷却期間を置きましょう。相手にとってもあなたが必要であると気がついたタイミングで、アプローチをすれば復縁は成功します。逆にあまり冷却期間を置きすぎると、そのような気持ちの盛り上がりを逃してしまう可能性もあるので、注意が必要です。
 

◆ あなたが相手をふった場合

あなたが相手をふった側だからといってすぐに復縁を持ちかけると、不誠実だと思われてしまいます。あなたにふられたことで、相手は心に傷を負っています。相手が気持ちの整理をできるまで、最低1ヶ月は冷却期間が必要です。
 
連絡を取る時は、あなたにとって相手がどのように必要だと気づいたかを説明します。不信感を抱かれないよう以前よりも誠実な対応をすることが、復縁の可能性を高めてくれます。
 

◆ あなたが相手にふられた場合

いくら諦められないからといってすぐに相手に復縁を迫っては、あなたの印象がさらに悪くなります。あなたをふったのには理由があるはずです。そこを改善してあなたが変わってからでないと、復縁は成功しません。そのための自分磨きをして、相手に変わったという印象を与えられるようになるには、少なくとも3ヶ月以上はかかるでしょう。
 

◆ 大喧嘩して別れた場合

お互いに感情的になって別れた場合は、あなたへの怒りが収まるまでは、連絡を取ってはいけません。例え連絡を取ったとしても、冷静な状態ではないので跳ね除けられてしまい、最悪だと相手と連絡が取れなくなる恐れもあるからです。
 
3ヶ月間程度は冷却期間を置き、その間に喧嘩の原因を考えて悪いところがあれば改めるようにしましょう。タイミングを見て、反省の気持ちを素直にメールで伝え、返事が返って来れば、相手も気持ちが落ち着いている証拠。友人の集まりなど自然な方法で再会できれば、仲直りも早まり復縁のチャンスをつかみやすいです。
 

◆ ただ冷却期間をおくだけではダメ

冷却期間をおいても、ただ漫然と時が経つのを待っているだけでは意味がありません。冷却期間というのは、別れるきっかけを見つめ直し、問題を解決するために必要な時間でもあるのです。この時間をどのように過ごすかが、復縁成功のカギになります。
 
あわせて読みたいコラム:別れた彼氏とよりを戻す方法
 
 

復縁を成功させるコツは、相手の気持ちになって連絡のタイミングをはかる事! 

――ひよこ師匠

 

カテゴリー: 失恋 タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.