TOPへ戻る
トップページ > ダメワザ > 女性を怒らせるあなたのひと言

女性を怒らせるあなたのひと言

このコラムは 216 で読めます

女性を怒らせるあなたのひと言カテゴリ:ダメワザ タグ:男性向け ノウハウ

女性と話しをしていると急に彼女が怒ったり押し黙る、こんな居たたまれない状況経験ありませんか?これは、女性にとって腹が立つキーワードを、気づかずに言ってしまった可能性があります

◆ 「それってこういう事だよね?」

女性の話は説明が長い!と思う男性は多いでしょう。そして、つい端折りたくなるのもわかります。でも女性は長くしゃべりたいものなのです。男性の3倍くらいは、いつもしゃべっていたいのです。そういうイキモノだと、理解することがスタートラインです。
 
また「話が長いから、説明短くして」と彼女にいうのもNG。自分でも話が長いのは十分わかっているけれども、全て状況を説明した上じゃないと気持ちは理解されない、女性はそう思いがちなのです。だから自分の知っていることを、全部聞いて欲しいのです。
 

◆ 「タレントの誰々って可愛いよね」

これも女性の多くが、心の中でムッとするひと言。自分に勝算の無い相手でも、女性は焼きもちを焼きます。その日から、そのタレントが彼女にとって大嫌いなタレントになるほどです。
 
会社の同僚や後輩、または彼女の友達を「あの子っていい子だよね」なんて言ってませんか?これぞ最強のNGワード。性格であれなんであれ、自分の彼が自分以外の女性を褒めることを、女性はとても嫌います。
 

NG

 

◆ 「最近すこし太った?」

ごく軽い気持ちで発した言葉でも、思いっきり女性を怒らせます。太ってしまったことは本人が一番よくわかっているのですから。何も言わずほっといてあげましょう。
 
またねぎらいのつもりで「疲れてる?」などと、同じ会社の女性に言ってはいけません。「疲れている」イコール「老けた」と深読みされてしまうこともあるのです。老けた、は女性にとって最も言われたくない言葉のひとつ。口が滑っても言わないようご注意を。
 
容姿に関しては、触れないのが一番です。たとえそれが褒めている場合でも、褒められている当人にとってはコンプレックスのことが多いのです。もし褒めるなら、女性が自分のセンスで選んだ洋服などを褒めるのが良いです。
 

◆ よく聞いて、褒めてあげよう

女性を機嫌良くさせるには、話をしっかりと聞いて、しっかりと褒めることが一番です。よく話を聞いてあげるふりでもOK。そして自分が肯定されると、無条件に嬉しいものなのです。無駄な喧嘩をさけて、女性と楽しく過ごすにはこのふたつをお忘れなく。
 
 
 

聞くチカラ鍛えなくちゃね

――ひよこ師匠

 

カテゴリー: ダメワザ タグ: , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.