TOPへ戻る
トップページ > モテワザ > 彼がもっと夢中になる一言メール例文

彼がもっと夢中になる一言メール例文

このコラムは 214 で読めます

彼がもっと夢中になる一言メール例文

交際していても離れているときは心が離れないか不安になってしまう方も多いかもしれません。自分のことをもっと好きになって貰えるメールとはどんなフレーズでしょうか。

 

◆仕事や学業などが忙しい彼に激励メール

彼が仕事や学業が忙しくてなかなか会えない時でも、会えないことを責めてはいけません。男性は忙しい時はそのことしか目に入らなくなる人が多いです。特に長文メールは厳禁!忙しいときに読むのが大変な長文メールは彼をうんざりさせてしまいます。
 
長文メールは返信に迷うことも多いので、簡潔に「仕事忙しそうだね。会えないの寂しいけど、仕事頑張ってる○○はカッコイイから許す(笑)落ち着いたらゆっくりデートしようね」と頑張ってる彼を褒めつつ、寂しい気持ちもさりげなく伝えましょう。彼にとって仕事や学業を頑張る糧になるでしょう。
 

◆日常生活の中で彼を思ったタイミングを伝える

貴方が自分と会っていない時でも自分のことを思ってくれる、という事を伝えると、貴方の自分を好きな気持ちを素直に感じることができます。
 
例えばサッカーが好きな彼に「今代表戦やってるね。サッカー見たら○○のこと思い出したー!サッカー見てた?」など彼の好きなことに絡めて送ると、送られた人は自分のことをわかってくれる人がいるという喜びを感じるでしょう。彼の好きなことに関連したメールは返信率も高いはずです。
 

◆恥ずかしくても「好き」を伝えて!

付き合ってから改めて「好き」と伝えるのは恥ずかしい、と思う方もいるかもしれません。しかし人の心は時間とともに変化していくものです。想いを言葉にしなければ、自分のことを好きでいてくれるという自信を持つのはなかなか難しいことです。改まって「好き」を伝える必要はありません。軽く響く言葉でも十分な効果があるはずです。
 
例えば毎日送っている「おやすみ」のメールに「好き」というフレーズを入れてみましょう。「今日は疲れたからもう寝るね。おやすみ。大好き(^ ^)」など挨拶のように気軽に使ってみてください。付き合っている相手に「好き」と言われて相手が嫌な気持ちになる人はいません。
 
重さのない「好き」で相手に定期的に気持ちを伝えてみてください。きっと彼の気持ちも高まるはずです。
 
合わせて読みたいコラム:婚活に役立つ!心を明るくするメール術
 

離れている時間こそ愛を育てる!
何気ないメールの一文で会わなくても彼を夢中にさせる

――ひよこ師匠

 

カテゴリー: モテワザ, 交際 タグ:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.