TOPへ戻る
トップページ > 交際 > 愛を育む秘訣は「見ない・聞かない・触らない」

愛を育む秘訣は「見ない・聞かない・触らない」

このコラムは 24 で読めます

愛を育む秘訣は「見ない・聞かない・触らない」

カップルが愛を育てるためには四六時中べたべたしている必要はありません。適度な距離感を保ちながら、お互いを尊重し合う関係を心がけることが大切です。

 

◆ 愛を育むコツとは?

カップルが良い関係を築き、愛を育てていくためにも注意しなければいけないことがあります。それは「見ない、聞かない、触らない」この三原則です。好きだからこそ相手の気持ちを考えなければなりません。
 

◆ 愛を育むための三原則

その1:見ない(勝手に見ない)
鞄の中や財布、手帳などを勝手に見られて気分のいい人はあまりいません。いくら恋人だからといって、個人のものを勝手に見るのは基本的にダメです。浮気が心配だから、とつい携帯電話を勝手に見てしまうという話はよく聞きますが、事実がどうであれ人のものを許可なく見ることはやめましょう。いいことなんて何もありません。
 
その2:聞かない(何でも根掘り葉掘り聞かない)
好きな相手だからこそ相手のことを知りたくなるのは普通のことです。ですが、自分が知りたいからと根掘り葉掘りなんでも聞きだすのは良いこととは言えません。普段から相手の話に耳を傾けるクセをつけるようにすれば、自然と相手から話してくれるようになります。
 
その3:触らない(世話をやきすぎない)
特に女性に言えることですが、ついつい相手に世話をやきすぎたり構いすぎたりしてしまいがちです。色々やってあげたい気持ちはわかりますし、世話を焼かれることが好きだという男性もいます。でもあまりあれこれ言われると、まるで母親に注意されているような気持ちになって不快感を示す人が多いのです。
 

◆ 愛は一人で育むものじゃない

どちらか一方が愛情を押し付けあっても、二人の仲は深まるどころか離れてしまうこともあります。相手を思いやる気持ちを持ち続けることが、愛を育むために何よりも必要です。愛を育むための三原則が参考になれば幸いです。
 
執 筆:nonco
 
合わせて読みたいコラム:1つの恋愛を長続きさせるため、気をつけたいこと
 

恋愛にも言える「親しき仲にも礼儀有り」

――ひよこ師匠

 

カテゴリー: 交際 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.