TOPへ戻る
トップページ > 交際 > 重い好きと、重くない好き

重い好きと、重くない好き

このコラムは 26 で読めます

重い好きと、重くない好き

「好きという言葉を聞くたび、幸せになるどころか重く感じる」そんな男性の声を聞いたことがあります。女性からすれば「こんなに愛しているのに!」と複雑です。

◆ あなたが世界の全てなの

「あなたが私にとって、世界の全てなの」それだけ恋人に愛されているあなたはとっても幸せです。そう、事情を知らない者からすれば一見幸せそうで愛にあふれている台詞だなんて思いますよね。でもこんなふうに思われることが重く、苦しいと思う人もいるのです。それは恋人に依存されている人が多く感じている気持ちです。一方的に愛情をぶつけ続けることは重い好きになる可能性大なのです。
 
愛情というのは本来ぶつけるものではなく与えるものです。相手に向かって発するものとしては言葉の表現の違いにしか思えませんが、相手への思いやりがこめられているのは果たしてどちらでしょうか?おそらく多くの人が「与える」の方を選ぶはずです。
 
そしてこの与える愛は重い好きにならないのです。
 

◆ 重い恋愛を見分けるポイントは?

もしかして自分、重い好きをぶつけちゃってる?と心当たりがある人は、身近な信頼できる人にはっきり聞いてみましょう。自分の様子を見ていて相手に依存していないかと。おそらく端から見れば重い恋愛というのはわかりやすいので、自分よりも他人の方が気づきやすいでしょう。
 
もし重い、と言われてもあまり落ち込まないようにしてください。修正することは出来ます。まじめな方ほど重くなりやすいですし、またその事実を重く受け止めてしまいます。落ち込んでしまうよりも改善することに意識を向けましょう。
 

◆ 愛情の渡し方

愛情は時間をかけるほど磨きをかけることができます。しかし一歩間違えてしまうと、その愛に色々とデコレーションしてしまって重く鉛のようにしてしまうのです。でも大丈夫、またそこから新たに磨き直せばいいだけのことです。そのためにも相手に重い愛を渡さないこと、愛は与えるものであることを念頭に置いてください。
 
 
合わせて読みたいコラム:恋人が束縛されていると感じがちな行動
 

時にぶつかり、時に与えて。恋愛は完璧にうまくいかないもの。

――ひよこ師匠

 

カテゴリー: 交際 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.