TOPへ戻る
トップページ > 結婚 > お見合いをネガティブに考えてしまうあなたへ

お見合いをネガティブに考えてしまうあなたへ

このコラムは 230 で読めます

お見合いをネガティブに考えてしまうあなたへ

お見合いってちょっと昭和のにおいのする言葉ですよね。同じことを指していても、言い方ひとつでかっこよくも悪くもなってしまいます。お見合いという言葉もずっと昔から使われてきたものなので、「今さらお見合い?」と思っている方もいるかもしれません。

◆ お見合いって普通の恋愛と何が違うの?

普通の恋愛は必ずしも「結婚」をゴールにしてはいませんが、お見合いはゴールが結婚です。そして男性も女性も「結婚の意志」がある人だけが参加するものです。長年恋愛関係を続けている彼に「果たして結婚の意志があるの?」なんて尋ねてみる必要はありません。彼の意思を確認する手間が省けるという意味で、お見合いのほうが楽というメリットもありますよね。
 
あなたの母や祖母の世代など何世代か前までは、多分お見合いが結婚の主流だったでしょう。ですが時代の変遷に伴って、お見合いよりも恋愛のほうが主流になると、どうしてもお見合いには「恋愛で相手を見つけることが出来ない人がするもの」といった、ネガティブなイメージが付きまとうようになりました。
 
ですが昨今の婚活ブームの中で、お見合いはあらためてその良さが見直されているところもあると思います。ですから、お見合いだからといって、「もてない人しか来ない」というのは偏見です。そんな考えに惑わされてお見合いを自分の婚活からはずしてしまうのって、すごく損をしているのかもしれませんよ。
  

◆ お見合いの時に気をつけること

基本的には結婚の意志を持つ人しか参加しないのがお見合いですが、やはりお顔も肩書もいい男性の中には、「見合い慣れ」している人がいることも事実です。そのような男性は自分が人気があることをわかっていますし、それほど結婚を切望していなくても、見合いをしてくることもあるのです。
 
ただこういう男性は話しているとすぐに見分けがつきます。妙に口当たりのいい話をして、女性の扱いに慣れているようなところがあるのです。このように、顔もよくて学歴も素晴らしい男性の中には、「すぐに結婚」は考えていない人もいることを、覚えておいてください。
 
反対に見た目は地味で話もそんなに面白いわけではないけれど、とにかくまじめであなたの話をよく聞いてくれるような男性は大切にしましょう。これまでにあまり女性には縁のない環境に居ただけで、磨けば光る原石かもしれません。女性にしても男性にしても、ぱっと見が華やかな異性に惹かれるのは仕方がないことです。
 
ですが結婚というのはこの先40年も50年も一緒にいるのです。容姿は時間がたてば経年変化をしていきますが、持って生まれた性格はあまり変わることがありません。お見合いでは外側も大事ですが、この先ずっと一緒にいても疲れない人なのかどうか、しっかり見てみることも必要ですよ。
  

 
合わせて読みたいコラム:お見合いで聞いてはいけない3つの質問
 

20歳の顔は自然の贈り物。 
50歳の顔はあなたの功績。

――ココ・シャネル

 

カテゴリー: 結婚 タグ: ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.