TOPへ戻る
トップページ > ダメワザ > 褒めればなんでもいいってもんじゃない!褒め言葉失敗談

褒めればなんでもいいってもんじゃない!褒め言葉失敗談

このコラムは 21 で読めます

shutterstock_103682522
褒め言葉は、本来相手を喜ばすための言葉ですが、なんでも褒めればいいってものではありません。
 
考え無しの発言では、相手に不快感を与えてしまうこともあるので注意しましょう

◆ 褒め言葉も使いよう

婚活をしていると、合コンやお見合いなどで、異性と話をする機会がぐっと増えます。
 
やっぱり初対面で、相手の好印象をとろうとすると、「褒め言葉」に走りがち。
 
よく、褒められれば悪い気はしない、といいますが、それにも限度ってものがあります。なんでも褒めておけば、気分が良くなるわけではありません。
 

◆ 身体的特徴を褒めるときは気をつけて

合コンなんかではよく見られる光景に、無理して褒めようとして、盛大にすべっている、という褒め方があります。
 
「ほっぺたがかわいいね」とか「まゆげがりりしいね」とか、わけがわからないような褒め言葉を、思いついたまま言ってしまうのです。
 
しかし、褒められた側は、そんな微妙なポイントを褒められても、どう反応すればいいのかわかりません。
 
しかも身体的な特徴については、コンプレックスになっていることも考えられます。
その場合は、褒めているつもりが逆にけなしている、なんてことにもなりかねません。
 

◆ ストレートな言葉がいい

相手を褒めるときは、「その格好にあってるね」とか、「綺麗ですね」のように、ストレートにまっすぐ褒める方がずっと効果的です。
 
ただし言い方や状況によっては、皮肉にとられたりする可能性もあります。
 
ただいたずらに褒めればいいのではなく、本心から相手のことをステキだと思った時に、その通りの言葉で伝えるのが一番です。
 
無理に作った褒め言葉では、褒めていることにはなりません。正直な感想ほど、相手の心にも響くはずですよ。

 

何でもけなす人と何でもほめる人は、どちらも考えなしだ。

――ベンジャミン・フランクリン

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.