TOPへ戻る
トップページ > 基礎知識 > 婚活のコツは理想の異性像を描くこと

婚活のコツは理想の異性像を描くこと

このコラムは 223 で読めます


一緒にどんな家庭を作っていきたいかといった理想の結婚相手を描くことは、婚活を捗らせるための重要なポイントです。
しかし理想にこだわりすぎると出会いが少なくなってしまうのも忘れずに!

◆ 理想の相手像をもとう

婚活をしていくうえでのコツは、「結婚相手の理想」をしっかり決めておくことです。

そうすることで、どのような婚活をしていくか、どんな相手とコンタクトをとるか、誰にアプローチをしていくか、などの答えが見えてきます。
 
あなたは結婚をして、どんな家庭を築きたいですか?
どんな相手と一緒に暮らして行きたいですか?

◆ 譲れない理想は何?

そう考えたとき、頭に浮かんでくる理想の旦那さん、奥さんはどんな人でしょうか。

料理がうまい、まじめで誠実、明るく朗らか、家事が好き、よく笑う、趣味が合う、などなど、いくつかの特徴を持っていますよね。
 
その中でも、特に譲れない特徴をいくつかピックアップしてください。そして、こういう人と結婚したい!という譲れない理想を1つは持っていてください。

その方が、理想にあった人に出会ったときに喜びが増しますし、希望通りの人に出会えなかった時の切り替えもスムーズになります。

◆ 完璧な相手はいない

ただし気をつけなければならないのは、すべての理想に当てはまる完璧な人はいないということです。

誰もがうらやむ完璧な相手なんていません。厳しいことを言えば、それほど完璧な人はすでに誰かに見初められて、結婚しているケースの方が多いでしょう。
 
自分の要求するレベルが高すぎると、せっかくの出会いが全て無駄になってしまいます。また、あくまで「自分が」その人と一緒に暮らしていく上での理想です。
 
スタイルが良い、年収がいい、頭が良い、などの特徴も重要でないとはいいませんが、それ以上に「ペットを飼っているので動物が好きな人」や、「たばこが苦手なのでたばこを吸わない人」、「車の趣味を理解してくれる人」のような条件の方がずっと大切です。

◆ お互いの価値観を大切に

そういう価値観が合わなければ、どんなに素敵で、年収があり、頭がよい相手でも、一緒に暮らしていくのは大変ですよね。

もっと些細な、たとえば「朝ご飯はパン派」だとか、「味噌汁は白味噌派」とか、生活をする上で譲れないことで良いんです。
 
自分がその人と暮らしていく姿が想像できる、そんな理想の相手をイメージして、婚活に臨んでください。

また、どうしても妥協できない点は多すぎれば多すぎるほど、婚活の道のりは長くなるでしょう。そのあたりを理解して、自分の具体的な理想を持って、婚活を楽しみましょう。

 

 

理想を掲げる限り、茨の道の先にも光は見えると確信している。

――園田高弘

&nbsp

カテゴリー: 基礎知識 タグ: , , ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Twitterで最新情報をチェック
Facebookで最新情報をチェック
あなたは恋に結婚に、悩んでいませんか?解決策をお探しなら、婚活エトセトラの頼れるライターに相談してみよう!
Copyright(c) 2013 婚活エトセトラ All Rights Reserved.